浅草で雨の日に浴衣レンタルするときの注意点

 

浴衣を着ると「夏が来たなぁ」と感じる方も多いでしょう。初夏を迎えるころから、浅草でも浴衣レンタルをする方が増えてきます。

 

浴衣を着ると気分も上がり、浅草散策もより一層楽しく過ごせそうですよね。

しかし、日本の夏は冬に比べると雨が多いことで知られています。6月からは梅雨の時期に入り、浴衣レンタルをするのも大変そうと思いますよね。

 

今回はそんな雨の日に浴衣レンタルを考えている方のための注意点をまとめてみました。不安なことがあっても大丈夫。

工夫次第で、雨の日でも浴衣レンタルを楽しく体験できます。

浴衣の似合う街浅草!雨の日に浴衣レンタルをしたときに不安に思うこと

和傘と浴衣女性

浴衣レンタルを予約していても、急にその日が雨の日だったということも少なくありません。雨が降るだけで気分もどんよりしてしまいます。

 

雨の日の浴衣レンタルをすると、どんな不安なことがあるのか見ていきましょう。

浴衣が濡れてしまう

洋服でも同じですが、雨の日は浴衣が濡れてしまいます。洋服と違うところは、体を覆っている部分が多いこと。

肩からかかとまでが布で覆われているため、洋服よりも濡れる確率が高いです。

初夏はとくに雨に濡れると体が冷える

浴衣が雨で濡れてしまうと体が冷えてしまいます。とくに初夏は肌寒いので、濡れたままにしていると体調を壊すことも考えられます。

 

寒さを感じると、浅草散策もテンションが下がり楽しさを感じにくくなりますよね。

下駄で足元が滑る

草履

素足で履く下駄は、靴に比べると雨に濡れても気持ち悪くありません。「あとで足元を拭けば大丈夫」なんてことを考えている方もおられるでしょう。

靴と違うところは、下駄は足元が滑りやすいことです。また素足で履いている分、下駄と足が滑り靴擦れを起こすこともあります。

浴衣が濡れると透けてしまう

浴衣は生地が薄いので、雨に濡れてしまうと透ける可能性があります。女性の場合、下着が見えてしまうということも考えられます。

浴衣の色や柄によっては、透け感が多きものがあるので、浴衣選びも気をつけなければいけません。

雨の日の浴衣レンタルは工夫次第で不安も解消!浅草散策も楽しくなる

前の日の浴衣レンタル

晴れの日とは違い、雨の日は浴衣レンタルするときにさまざまな不安要素がでてきます。しかし、雨の日でも工夫をすれば不安も解消できるんです。

 

雨の日におすすめの対策があるので見ていきましょう。

雨に濡れにくくするためにポンチョ持参がおすすめ

浴衣を濡れにくくするためには、ポンチョを着るのがおすすめです。着物用レインコートも売られていますが、もっと手軽に用意するなら100均のフード付きポンチョを買うのがおすすめ。

体全体を覆ってくれるので、浴衣も濡れることなく浅草散策できます。

 

もしポンチョが用意できないという方は傘でも問題ありませんが、相合傘よりも1人で使う方が濡れにくいです。

カップルの方はそれぞれ傘をさして行動するといいでしょう。

体の冷えを守ってくれるストールやレース足袋

浴衣が濡れてしまうと、乾きにくいことから体が冷えてしまいます。そんなときに役立つのがストール。

夏場でも使える薄手のストールが売られているので、1枚用意しておくだけでもずいぶん変わってきます。

 

ストールは体の冷えを守るほかに、浴衣が透けてしまったとき体を覆えば透け感を隠すこともできるので一石二鳥。

洋服のおしゃれアイテムとしても活躍できるので、浴衣レンタルに限らず1枚持っておくのもいいでしょう。

 

女性は冷え性の方が多いので、素足で雨に濡れてしまうと足元から冷えてきます。かわいらしいレース足袋が売られているので、こちらを用意しておくのもおすすめ。足先が濡れないよう足先カバーもあるので、セットで使ってみるといいでしょう。

歩幅を小さくすれば足元も滑りにくく裾が汚れにくい

履き慣れない下駄は、足元が滑りやすいです。少しでも滑らないようにするためには、小さな歩幅で歩くのがおすすめ。

とくに女性の場合、歩幅を小さくすれば女性らしさも演出できしおらしくなります。

 

小さな歩幅は浴衣の裾が汚れにくくする効果もあるので、ぜひ試してみてください。

 

下駄と足が滑りやすくなっている方は、靴擦れの可能性がでてきますので、親指と人差し指にあらかじめ絆創膏を貼っておくと、靴擦れ防止にもなります。

雨の日は透けにくい色の浴衣を選ぶ

浴衣女性

浴衣が濡れると体の線や下着など、透けやすいというデメリットがあります。とくに白や薄い色の場合は要注意です。

 

雨の日に浴衣レンタルをする場合、濃い目の色を選ぶと透けにくくなります。おすすめは黒や紺などダーク系の色。

ただし生地によっては、ダーク系でも透けることがあるので、スタッフと相談しながら決めてみるのもいいでしょう。

雨の日でも浴衣レンタルをして浅草を満喫しよう

和傘で浴衣散策する女性

雨の日だからといって浴衣レンタルは諦めなくても大丈夫。

今回紹介した4つのポイントをおさえれば、雨に濡れにくくなるので浅草観光も苦になりません。

 

この時期にしか着られない浴衣をぜひ楽しんでください。

 


浅草着物レンタル令和服

所在地 東京都台東区浅草1-33-8エーワンビル4階

TEL 03-5246-4214

営業時間 9:30〜18:00

浅草駅徒歩1分「浅草着物レンタル令和服」のHP→https://reiwafuku.com