浅草着物レンタル令和服で綺麗な着物を!より綺麗に見せるポイントとは?

浅草着物レンタル令和服で綺麗な着物を!より綺麗に見せるポイントとは?

浅草着物レンタル令和服は、綺麗な着物を手軽にレンタルして浅草観光をするのにおすすめです。せっかく着物を着るのなら、上品かつ綺麗に着こなしたいものですよね。

また、お写真に残すのならインスタ映えする綺麗な着物姿を残したいでしょう。

この記事では、浅草着物レンタル令和服で着た着物をより綺麗に見せるポイントなどをご紹介していきます。

日本人が着物を綺麗に着れる理由とは?

浅草で着物レンタルをするときは大正ロマンを体験しよう

着物は、なんとなく敷居が高くてなかなか着れないイメージを持つ人も多いのではないでしょうか?しかし、着物はもともと日本の伝統的な服装で、昔は普段着として着られていました。

そのため、もともと着物は日本人の小柄な体型や黒髪、肌の色に合わせて作られているものなのです。

今こそ普段着として親しまれている洋服ですが、着物のような和服には洋服では表せない凛とした日本人の本来の魅力を引き出してくれる効果があります。

ちなみに、着物は撫で肩で腰の位置が低く、胸とお尻が小さめの体型によく似合うといわれているのをご存知ですか?さらに首が細くて長い人は、着物の襟の形とうなじを綺麗に見せることができるます。

着物を着るとなんとなく身が引き締まるような気持ちになり、自然と背筋が伸びておしとやかな身のこなしになるでしょう。これが、より着物が綺麗に見える理由の一つですね。

 

着物を綺麗に見せるポイント

着物の帯結び

近年では、胸が大きかったり腰が高かったり、日本女性の体型も欧米化している傾向にあります。しかし、身長が高かったり、体型にメリハリがあるからといって、着物を綺麗に着こなせないなんてことはありません。

どんな体型の方でも、着物を綺麗に見せることができます。そのポイントをご紹介しましょう。

着付けの段階で体型補正をする

先ほどの「日本人が着物を綺麗に着れる理由」を見ればなんとなくお分かりかと思いますが、寸胴体系でメリハリの少ない体型の方が、着物を綺麗に見せられるのです。そのため、体のメリハリを目立たなくするために、着付け段階で体型補正をするのが一番の効果的な方法。

まず胸が大きめで目立ちやすい人は、和装専用の下着を身に付けるのがおすすめです。特に和装ブラジャーはワイヤーが入っていないため、胸の膨らみを抑えることが可能。これはスポーツブラでも対応できますよ。

ウエストが細めの方は、薄手のタオルを着物の下に巻いて補正しましょう。逆にお腹周りが目立つ人は薄手タオルで軽く締め付けるようにするのがおすすめ。しかし締めすぎると気持ち悪くなってしまうので、注意が必要です。

お尻周りが目立つ人は、女性用のボクサーパンツなどで適度にお尻を引き締めるのが良いでしょう。お尻を締め付けるのにタオルを使用すると、ずり落ちる可能性があるためおすすめできません。

帯揚が整えられている

着物で目立つ部位が帯ですよね。そんな帯の隙間から見える帯揚がくしゃくしゃになっていると、見た目が綺麗ではありません。あえて帯揚を見せない人もいますが、帯揚がまっすぐと綺麗に整えられている状態であれば、あえて少し見せるのも良いです。

極端な撫で肩の人はパッドで補正

着物の着付け

着物は撫で肩さんの方が綺麗に見えるといいますが、極端な撫で肩がコンプレックスの人は補正をして適度な撫で肩に見せましょう。綿パッドが最適ですが、逆に不自然になったという場合は肩パッド付きの着物用下着を着用するのがおすすめです。

お化粧は華やか

着物を着るときのお化粧はあくまでシンプルが基本。しかし、いくらシンプルだからといって薄すぎるお化粧はおすすめできません。シンプルかつ華やかさが重要ですね。ベースメイクはもちろん、ハイライトやシェーディングで立体感を出し、顔がぼんやりとした印象にならないようにしましょう。

口紅ははっきりとしたカラーを選び、ファンデーションの色は地肌より若干明るめにするのがおすすめです。チークは淡めに入れましょう。

うなじの手入れがされている

着物を着るのが前もって分かっているのであれば、きちんとうなじのお手入れをしておきましょう。特にヘアスタイルをアップにする予定であればなおさらです。着物を綺麗に見せる条件の一つは、美しいうなじです。

特にうなじは自分の目に見えないため、普段は手入れが行き届きにくい部位。思っているよりムダ毛が伸びやすいので、着物を着る前に確認しておきましょう。肌トラブルがないかどうかも見ておくと良いでしょう。

インスタ映えで綺麗な着物姿を!おすすめのポーズや場所

グループで着物レンタル

着物を綺麗に着こなせたら、せっかくなので写真に残したいですよね。浅草着物レンタル令和服では着物を着て浅草観光ができます。

その際に、ぜひインスタ映えするような綺麗な着物姿を撮りましょう。おすすめのポーズや撮る場所を簡単にご紹介します。

基本の立ち姿は斜め

まず全身の立ち姿の写真を撮るなら角度が重要。一番綺麗に見えるのは斜めからです。

もし1人で写るのであれば、自分から見て体の左側をカメラ側に出します。背筋はピンと伸ばし、お腹をグッと引っ込めるようにしましょう。手はお腹の前に自然と重ねるのが良いですが、上手くできない人は和装用バッグを持つと良いです。

肩を落として座る

腰かけて写真を撮るなら、着物を綺麗に見せる撫で肩を意識して肩の力を抜くようにストンと下ろし、浅めに座りましょう。このとき高い位置に座ると、自然と足が長く見えるのでおすすめです。

階段で撮る

お友達と着物散策

階段を降りる瞬間を撮るのも着物を綺麗に見せるコツです。降りる際に片方の膝をもう片方の膝の上に重ねるようにして曲げると、下半身のラインが綺麗に見えます。目線は落として顎は引き過ぎないようにすると、顔や首筋のラインを綺麗に見せることができます。

後ろから見返りショット

振袖を着るのであれば、背中の帯結びを見せて綺麗に撮りたいですよね。後ろ姿を撮る際は、上半身をグッとカメラ側に向くようにすると、首のラインも綺麗に見せることができます。後ろから見たヘアスタイルや髪飾りも見せられる見返りショットですね。

このときにカメラ目線をしてしまうと、まるで睨んでいるかのようなキツい印象になるので、自然と顔の向きのまま遠くを見つめるのが良いでしょう。おしとやかに見せるのであれば少しうつむくのもおすすめ。

袖を見せるポーズ

振袖で上半身をメインに撮るのであれば、片腕を開いて袖を見せるのも良いでしょう。このときに、袖を見せる方の肩と腰を近づけてくねらせるイメージでポーズをとると、上半身の着物のラインが綺麗に見せられます。袖口は手のひらと指先で軽くつまむようにすると、女性らしく華奢な印象に見えますよ。

浅草着物レンタル令和服で着物を綺麗に着こなそう

着物女性

着物レンタル令和服では季節に合わせた着物も豊富にあり、着付けやヘアメイクはプロが行うので安心して任せられます。そのため、着付け時の体型補正や帯締めについては問題ないですね。

綺麗に着物が着れたら浅草観光を楽しんで、より綺麗に見えるように思い出を残しましょう。


浅草着物レンタル令和服

所在地 東京都台東区浅草1-33-8エーワンビル4階

TEL 03-5246-4214

営業時間 9:30〜18:00

浅草駅徒歩1分「浅草着物レンタル令和服」のHP→https://reiwafuku.com